トナー節約でよく耳にするのがプリンターの節約モード他にも
ゴシック体の文字を明朝体にして黒部分を減らす涙ぐましい節約
トナーの節約ではないけど裏紙の活用!すでに印字した紙をさらに機械に通す


トナーの節約の為とはいえどれも限定的で効果は薄いのでは



裏紙を使ってばかりいるとなぜか虚しいです
そして裏紙が一度機械を通っているので紙詰まりが起こりやすく
無駄な時間を過ごしたオフィスも多いのでは


やはりトナー節約の王道は
トナーを安くすることです



純正トナーは高いじゃないか


リサイクルトナーは安いけど品質が不安定で安物買いの銭失いにはなりたくない


こんな鋭い意見が聞こえてきそうですが
初心者はまずは純正トナーを安くすることを考える

トナーの仕組みをわかりだしたら
共通トナーですね


共通トナーはメーカーのOEM供給なんかで手に入る
メーカーが効率を追求した副産物のようなもの
歴史も長いですよ20年以上


この共通トナーが世の中に漏れだした頃は
メーカーだとか大手インクリボン会社などが群がってましたよ


純正並みの高品質トナーが純正より安く手に入るわけです
群がった訳わかるでしょ


そうです儲かるからです


購入者は純正トナーであろうが共通トナーであろうが
見た目が同じなのでわからないわけですよ


なので20年以上前から共通トナーがあっても存在が知らないわけです



トナー節約の王道は共通トナーが最有力

ここでは詳細は避けますが共通トナーの激安ルートも発見されてます



トナー節約に関してもうひとつ重要なのは
トナーを使うのはプリンター、複合機、コピー機がありますが
意外と本体の買い方が甘い特に複合機やコピー機は保守なんかも絡んできます


トナー以外にお金がすごくかかるところが多いのです
トナー節約よりもっと大切なものがあるのです
 
copyfuku.gif