業務用複合機やコピー機でトナーキット方式
もしくはトナーキット販売という名称があります
名の通りトナーが関係しているのですがキットとはなんでしょう


トナー単体ではないという意味です
単体ではないので価格も高めです
例えば5,000枚トナーキット方式だと45,000円ほどします


1万枚トナーキット方式(販売)だと8万円近く価格がします
1枚あたり計算すると@8円です
確かに高いですね通常のトナーは@4円です高くても

これはお察しの通り保守契約も含んでいるからです
トナー5本に1本のドラムカートリッジを含んでいる場合もあります


トナーキット方式や販売はどのメーカーも同じように
同じ価格体系で提案しているようです


修理がなければべらぼうに高いトナーに変身です

しかし修理がないとは限りません
そしてこれは基本選べません


ここまではこのサイトで説明しなくてもメーカーなど販売者が
喜んで説明してくれます



問題はこの高いトナーに嫌気をさして
格安トナーに手を出すことと
トナーキット方式より格安トナーを提供する業者の言い分ですね


在庫があるので即納します
注文のあった顧客の喜びの声
高品質のトナーなので問題ありません


恐らく購入者が気づいていないんでしょうね
キット方式なので将来トラブル起こる可能性が高いこと


そして販売者は煽るんではなく
トラブルの内容を教えてあげることです
トナーキット方式は普通の消耗品ではないことを
 
copyfuku.gif