トナーも製造した商品なので一応使用期限とか寿命がある
しかし生ものと違ってずっーっと長いのですが
最近はトナーカートリッジに記載されている場合も


インクカートリッジも箱に記載されています
昔のものだとかコピー機のトナーで記載がないのは
メーカーに確認してみましょう


大体3年前後が多いんではないでしょうか
ただし寿命を短くする可能性がある場合も
それは


高温多湿でほったらかしにしているとか
全く本体を使わず粉がカチンコチンになって
振ってもほぐれずにマシーンに供給されないとか


逆にトナーの使用期限が伸びる場合は
ストック済みのカートリッジは
1年に1回ぐらい軽く振って中のトナーの固定化を防ぐ
粉ってすぐに固まる性質があります


そもそも倉庫に10年前のトナーがあるけど
恐らく使えるような気がしますね
例えばトナー販売会社の倉庫にも20年前ほどのカートリッジが眠ってたりします


そういう販売会社に古い機械を使用していて
たまたま在庫がある確認をしてもただで貰えたり
もう古いから売れません?とはいいません


少々値引きするぐらいです


トナーの使用期限はメーカーの建前と
本当の寿命は別だと思います



年間使用が極端に少ないユーザーのプリンターでも複合機でも
3年経ったからトナーだけ廃棄して新調してください
とは聞かないです


そして今ではあまり見かけないんですが昔のコピー機は
粉をマシーンの箱に投入するタイプで一度入れると
入れ替えは相当大変だから使用期限問題はそもそも存在しないようなもの
 
copyfuku.gif