コピー機た業務用複合機では度々カウンター契約とか
カウンター料金がでてきますこれは
メーカーなどが機器購入と同時に保守契約込のカウンター料金を設定するからです


例えば@4円
月に3,000枚刷れば単純に12,000円
カウンター料金です


トナーはカウンター料金に組み込まれているのでしょうか
それともトナーはカウンターと別になるのか
どちらがいいのか

最近は組み込まれることも多いのでしょうか
消費者もその方が見た目も面倒ではないので好むかもしれません


トナーカウンター料金として@4円なら
@1円分のトナー代がこの中に含んでいる


このカウンター料金をトナー代だけ別に交渉もできるでしょう
トナーがカウンター料金に含むと完全に雁字搦めですね
仮に安いトナーが手に入っても使えません


カウンター料金に含むトナーはそんなに利益をのせては無いはずですが


さすがにコピー用紙がカウンター料金に含むは少ないですが
本体を売るためにサービスを大きく見せる販売者もいるようです


消費者が損しないためには
何でも込みみたいにカウンター料金で一括りではなく


実は
バラバラに交渉やチェックが必要です
 
copyfuku.gif