OA機器の消耗品の位置づけのトナー
家庭用複合機だったらインク
昔のワープロだったらリボン


どうもこの流れは数十年続いてきました
OA機器も原価からたっぷり利益がのっています
インクだってワープロリボンも同じく


ものが違いますがガソリンだって税金も含めると
そこそこ利がのっています


はなしは更に飛びますが宝くじだって胴元が
たっぷり儲かります


ではトナーは?
トナーも原価からたっぷり利益をのせてあります


トナーの仕組みとか流通経路はこのサイトで説明してきましたが
トナーの原価がすごいことになっている


例えばメーカーはトナーの原価を持て余して?
子会社まで作っているところあります
上場会社で100%子会社って結構見かけますよね


1万円の原価を卸店に2万円で出すより
子会社に1万3千円卸し
その子会社が2万円で卸店へ転売する方が


税金対策やメーカーの人材先の確保が出来たりするわけです



トナーの原価の原資は
うなぎの稚魚や黒マグロの漁獲高のように大きな変動しない
黒い粉は人間の作り出したものだから原価を小さく安定させやすい


だからトナーの原価は最小限まで抑えることができるのが想像できます


そしてトナーの原価はほんの一部の人間
社長あたりしか知られていないと思います


そのトナーは純正品しかないのですが
原価を抑え込めたところから更に儲けを加速させるためか


共通トナーが誕生しています


40年ほどトナーに関わっていますが相当前から存在しています
共通トナー


この共通トナーはメーカーのOEM供給などから始まっていますが
わたしが勝手に作ったものでもなんでもないですよ
ここ勘違いしている人いるようですが


メーカーの儲けの事情による産物じゃないでしょうか
だからこれは逃せませんよトナーの原価をはじめ
コピー機、複合機、プリンターの仕組みというか


メーカーのやり口がよくわかります


リサイクルトナー

粉を詰め替えたい

互換品
じゃなくて


全ては共通トナーしか本質は見えてきません



共通トナーはわたしが作ったものではないですが
名付け親としては中身をばらしてサイトで紹介しています



トナーのことOA機器のことは共通トナーに凝縮されていると思ってなりません
 
copyfuku.gif