トナーを新品に確認したのに確認してくださいだとか
交換してくださいとかが続く
これ色々要因が考えられるのですが


メーカーのQ&Aでトナーを新品に交換したのに確認してください
交換してくださいの原因や対処方法でよく見かけるのが
機械が認識していないのでもう一度セットし直すとか機種とその消耗品が一致しているか


など
結構当たり前の答えで普通の顧客はそんな勘違いはしていないのでは
と思います。そこでもう少し踏み込んだ可能性を探りたいですね


レーザープリンターと業務用複合機では
その要因は違う可能性もありだし
リサイクルトナーを使うとまた要因が増えるかもしれません


レーザープリンターならカートリッジ形状で
そんなに複雑ではないんですが交換の時テープの取り忘れ
ギア付きのカートリッジでそのギアが破損していたりズレて合わないようなことも

(新品で破損していたらメーカー等に交換依頼)


リサイクルトナーなら初期不良なんかも疑いありでしょうか


トナーではなく機械になんらかの修理が必要な事態からの交換したのにうまくいかない


メーカーの純正ではない汎用品や互換は金型やチップが甘い場合あり




コピー機系の今なら業務用複合機のトナーを交換したのに確認してください

業務用複合機の場合、基本トナー交換はサービスマンがします
保守契約を結んでいるのが基本だからですこの保守サービスは
トナーやカウンターに組み込まれているからです


もしそのような契約でなかったり、安めのトナーを使って
確認してください、交換してくださいなら先でもいったギア系の破損を疑う
(複合機の方がカートリッジがチープだから)


業務用複合機はメーカーによって保守の関連からトナーがなくなると
機械を動かないようにするところもありそうですから
この場合はなるべきしてなったってところでしょうか


トナー交換でトラブルになって機械を触ることもあるかもしれませんが
気をつけましょう素手で機械の中を捏ねるとケガをすることもあるので
くれぐれも注意しましょう
 
copyfuku.gif