トナー卸売があれば最安値に近づけそうですが
背広のようにトナーでは卸売というのはほとんど聞かないですね残念ながら
トナーの卸売りには2つのパターンがあると思います


純正トナーをメーカーが卸店に売る
最近は減る傾向でしょうか卸店。地域にひとつぐらいあったのですが
文具や事務器の卸店


メーカー⇨卸店➡販売店
なので卸価格で安く仕切られますが
卸価格で販売すると昔からの付き合いの販売店からクレームがきます

卸店が卸売りは考えにくいです
そして卸店が減ってきています


もうひとつはトナーでも汎用タイプの卸売です
この手の卸売の会社は新しいです


パターンが出来上がってます
汎用トナー卸売会社⇨販売店➡販売店⇨ユーザー

間に2社、3社噛んでいる場合もあります


汎用トナーの卸売会社はビジネスの成行が新しいのと
昔ながらのしがらみみたいなのが無いので自由度は高いですが
販売店との関係で卸売はほとんどないですねあっても価格を高く設定するはずです


しかしこの汎用トナーの卸売販売店は最安値のポイントかもしれません


最安値のキーワードがいくつか含まれています


高品質のトナーは卸売から学ぶ
 
copyfuku.gif