地域に根付いている事務機屋が近くに1社ぐらいあると思いますが
複合機や文具やハンコなどとオフィスで使うものを提案する事務器屋


当然トナーも扱ってます
事務器屋のトナーの問題は背負っているメーカーがほぼ決まっているところ
コピー機はゼロックスでオフィスデスクはコクヨとか


なのでゼロックスのトナーは得意かもしれないが
他のメーカーのトナーはそれほどじゃないかもしれないわけです


事務器屋には営業マンがいて会社に訪問してきます
そういう場合は事務器屋の営業マンにトナーの価格交渉ですね
事務器屋の元々の戦略は

なあなあになって価格以外で付き合いをしたいわけです
中小企業の社長はうまくさばかれているのを見ますね
だからトナーは純正を定価販売で購入となる


事務器屋もメーカーもしくはその子会社あたりと直取りが普通なので
それなりの仕切りで購入しているはずです
ここはもう交渉ですね


純正トナーをもっと安くしてと



その事務器屋の方針や社長の考えもありますが
出来ないといわれるかもしれないがもしかするとやるかもしれない反応をみてみましょう



トナーを事務器屋で最安値といえるほどの価格がでる確率は低い
しかし純正トナーに限定すれば小さな会社や個人経営が多いのでその裁量のハードルは低いはず
背負ってるメーカーの純正トナーはそこそこの値が提案されるかも❔
 
copyfuku.gif