昔はドラムとトナーが一体ってのがほとんどだったイメージですが
最近はドラムとトナーが別なプリンターや複合機を見かけることが多いような❔


メーカーによっても変わってきますね
OKIだとかブラザーはドラムとトナーが別が多い


キャノンなんかはドラムとトナー一体型が多いようなイメージです
価格設定によって細かく計算していませんが例えばトナー5本でドラム1本と交換とすると
ドラムとトナー別の方が価格的には効率がいいと思います


ただし
ドラムとトナー一体型は定価設定が安めのイメージがあります


以前あったキャノンのレーザープリンタートナーですが
1万枚で定価4万円
1枚あたり@4円


対するブラザーのトナーですが
2,200枚で定価6,800円
1枚あたり@3円

ドラムが
1枚あたり@1円

トータル4円なので
一応定価ベースではどっちも同じになりました


そしてここからが問題ですね
キャノンは老舗でどのメーカーに比べて手に入りやすいし
価格が甘いイメージあります

※ここでの価格が甘いはユーザーにとってはお得な意味の方です


対してブラザーは元々ミシン屋なので消耗品は儲けの要ということで
定価からの仕切りが渋い

これがひとつ


そして上級者向けの話になりますが
キャノンはOEM向けなどが多く先の紹介したトナーで
共通トナーが存在しました(純正並みの高品質)これが24,000円ほどで手に入ったので


1枚あたり@2.4ほどになるわけです


このように細部まで分析したらドラムとトナー別より
ドラムトナー一体型がコスト的に安くできるなので


結論は一概にいえないとなるわけです
 
copyfuku.gif