トナーの節約と裏ワザ

コピー機、プリンター、複合機で使うトナーの価格の裏技や節約法を基礎知識とともに考える

abstract-1260527_640
はじめまして!日本で唯一のトナーコンサルティングです
信頼性のないリサイクル品でもなく高価な純正でもない第三のトナーで高品質で価格は数千円ゴロゴロの非常識な最安値ルート公開始めました
ネットでぐぐっても見つからない情報です質問ご注文はアイコンから
メーカーのトナービジネスを取り仕切ったり量販店や事務器ルートにも精通した経験とトナーに関わって40年が手助けになるのではと思っています。

トナー切れすると印刷は復活できないのか応急処置@裏技

トナー切れするとまだまだ印刷があると結構困りますし
急ぎの印刷物だったらあせりますよね
しかも印刷が夜だったら店もメーカーもやってない



トナー切れに備えて1本ぐらいは予備があってもいいですよね
特にトナー1本とビジネスの損失を天秤にかけてみる



トナーを使ってる機種によってもその応急処置とか手に入れる
早さが変ってくると思います。例えば
家庭用の複合機だったら恐らく通販とか量販店で買ったってなると


近所に量販店があると昼間なら買いに行けますが
大都会の量販店じゃないと在庫していない物も多いから結局メーカーから
引くので数日待たされる


ネットで通販でも早くても明日でしょうか
アマゾンプライムなら地域限定?で今日中ってのがありましたね



業務用のコピー機や複合機絡みは保守契約が絡んでるので
メーカーでも販売店でも営業時間なら急いでいるならすぐに
手立てしてくれる可能性はあります



じゃあプリンターのトナーはどうだ
これもどこでトナーを買うかによりますよね
どっちにしても翌日以降になることが多いでしょうか



こんなのじゃなくて今すぐできるトナー切れの裏技とか応急処置とは
続きを読む

共通トナー@名付け親がEP-Tが原点

どうも共通トナーの認知度がいまだに低いので
ここは名付け親がその成り立ちや歴史を解説しようと思います
何回かいってるんですがこの共通トナーって


リサイクルや互換や再生と違います
適当に粉を安く売るための共通という意味ではありません


その昔ですねEP-Tというトナーがありました
このEP-Tというトナーはキャノンが販売している
LBPシリーズのレーザープリンターの消耗品だったのです


キャノンというとレーザープリンターでは
パイオニアですよね
また、複合機もインクジェットプリンターもやってます


現在レーザープリンターのメーカーは減ったとは思いますが
まだまだ結構な数存在します
リコー、富士通、ゼロックス、NEC、エプソン、ブラザー・・・など



そして先のEP-TをOEMで供給を受けているメーカーの多いこと
続きを読む
最新記事
copyfuku.gif