トナーの節約と裏ワザ

コピー機、プリンター、複合機で使うトナーの価格の裏技や節約法を基礎知識とともに考える

abstract-1260527_640
はじめまして!日本で唯一のトナーコンサルティングです
信頼性のないリサイクル品でもなく高価な純正でもない第三のトナーで高品質で価格は数千円ゴロゴロの非常識な最安値ルート公開始めました
ネットでぐぐっても見つからない情報です質問ご注文はアイコンから
メーカーのトナービジネスを取り仕切ったり量販店や事務器ルートにも精通した経験とトナーに関わって40年が手助けになるのではと思っています。

トナーが余った@不要になったけど捨てるのはもったいない

緊急用に在庫していたトナーが機種変更などで余った不要になった
捨てるのはもったいない1本2万円は支払っている
5本あれば10万円ですビジネスで儲かっている会社でも余ったから捨てるでは刹那すぎです


機種変更でトナーが不要になったなら
メーカーや販売店に戻入依頼がまず最初にやるべきでしょう


特に新しく購入したものも前メーカーのものだと当然です
その場合むしろトナーが余ったのを気にかけないのは逆に不自然ですね


トナーが余った、不要になったときこそ

メーカーのような販売者の親切度が試せます

こういう機会を残念ながら逃した場合は
続きを読む

メーカー@純正品を格安で欲しいなら最安値で攻略する方法

プリンターでも複合機でもまずは純正トナーです
メーカーが作るOA機器とその消耗品だから高品質です
しかし純正品の価格が高いのでリサイクルあたりに関心をもっていかれるのです


メーカーの純正品がリサイクルの価格にはできない
これはわかりますリサイクルはメーカーの純正新品の使用済みを使っているので
中古だからカートリッジを作ってるメーカーがその価格には出来ないのは当然です


しかしだからといってトナーが原価ぎりぎりで販売しているわけではない

メーカー

メーカー子会社

卸店

販売店

ユーザー

こういう構図もありそうなので純正トナーが高いのも当然


純正品といっても流石に定価で購入する消費者はいなくなったのか
だからといって定価の8割以上で買ってるところがほとんどなのでは❔

ではメーカー純正品のトナーをどうやって最安値を叩きだすのか
続きを読む
最新記事