トナーの節約と裏ワザ

コピー機、プリンター、複合機で使うトナーの価格の裏技や節約法を基礎知識とともに考える

abstract-1260527_640
はじめまして!日本で唯一のトナーコンサルティングです
信頼性のないリサイクル品でもなく高価な純正でもない第三のトナーで高品質で価格は数千円ゴロゴロの非常識な最安値ルート公開始めました
ネットでぐぐっても見つからない情報です質問ご注文はアイコンから
メーカーのトナービジネスを取り仕切ったり量販店や事務器ルートにも精通した経験とトナーに関わって40年が手助けになるのではと思っています。

共通トナー@名付け親がEP-Tが原点

どうも共通トナーの認知度がいまだに低いので
ここは名付け親がその成り立ちや歴史を解説しようと思います
何回かいってるんですがこの共通トナーって


リサイクルや互換や再生と違います
適当に粉を安く売るための共通という意味ではありません


その昔ですねEP-Tというトナーがありました
このEP-Tというトナーはキャノンが販売している
LBPシリーズのレーザープリンターの消耗品だったのです


キャノンというとレーザープリンターでは
パイオニアですよね
また、複合機もインクジェットプリンターもやってます


現在レーザープリンターのメーカーは減ったとは思いますが
まだまだ結構な数存在します
リコー、富士通、ゼロックス、NEC、エプソン、ブラザー・・・など



そして先のEP-TをOEMで供給を受けているメーカーの多いこと
続きを読む

10月7日@トナの日にキャンペーン

10月7日はトナーの日
だから何かあるのかって思ったら別に大きな動きはないですね
年に1回のトナーの日だったら


楽天のお買い物マラソンや
アマゾンのキャンペーンのようなお得なサービス欲しいですね
単に10月7日はトナーの日だけじゃ意味がないですね


普段の売値を10%OFFにするとか
在庫一掃、訳あり処分市みたいなのが欲しいですね
トナーはその商品色から地味なんです業者も含めて
最新記事